持ちつ、持たれつ。

声豚・現場厨・懐古のクソ三拍子

杏果のいないももクロを見てきたよ

久しぶりに母と地元で飲んだ。本当にたまたま、私に現場の予定がなくて、父は同窓会か何かで出かけていて、母も特にすることのなかった土曜の夜。「今日は外でごはんにしよっか」という母の誘いを、春から夏にかけて遠征をしまくった後遺症を未だに引きずっている私は「お金がないので地元がいいです」と我侭を言って受けた。地元の安くておいしい居酒屋が、私は好きだ。

一緒に住んでいるので大して目新しい話もなく、お互いの仕事の愚痴や、姉が送ってくれる世界一可愛い甥っ子の写真のこと、色んなことをとめどなく話した。そんな世間話のひとつとして、私は「そういえばももクロのファンクラブの更新メールが届いたんだよね」と言った。

 

私はももクロのファンクラブを一度やめている。社会人になったころだ。都心から少し外れたところで働いている私は、平日の現場に行けなくなったことを理由に、ももクロのファンクラブを辞めた。それからはモノノフを名乗ることもなくなった。CDを買うだけの自分をファンだということにためらいがあった。

 

そして今年の1月、有安杏果引退の知らせを受けた私は急きょファンクラブに入会しなおした。本会場のチケットは、当たらなかったけれど。

母もその経緯を知っているので、「もう1年になるのかぁ」と零した。「もう1年じゃないよ、まだ1年だよ」と言いながら手元のグラスを空にした私を見て、ほとほと呆れたように母は言った。 「なに、あんたまだ引きずってるの」 私は通りすがりの店員にレモンサワーのおかわりを注文したあと、少し考えながら言葉を紡いだ。

 

この感覚が『引きずってる』ってことなら、多分、私は、一生引きずるよ。

 

 

 

10月に、ももクロ主演のミュージカル『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』を見た。姉と連番したのは、いつ振りだったんだろうか。ももクロの現場で何色の服を着て、何色のキンブレを振ればいいのか分からなくなった私は、「ミュージカルならメンカラーを纏う必要がないから」とチケットを取った。私は1月に公式関連や川上マネージャー、情報アカウント系をすべてフォロー解除していたので、観劇前日に姉に「二幕はキンブレ推奨らしいよ」と言われ、絶句した。「刀ミュかよ」と思ったが姉には伝わらないので、「ショーってこと?宝塚かよ」と返信した。*1ちなみに宝塚も伝わらなかった。姉ェ…

 

まっ結論から言えば刀ミュでも宝塚でもなく、劇中ライブだったわけですが!

 

ミュージカル全体、そのものは、うーーーーん?って感じだった。値段分の価値、くらい。脚本が好みじゃなかったのが大きいかも。だって結論の出し方、高校生の論文みたいだった。「みんなが一生懸命生きればそれがダンスになる(要約)」って、なんか『このテーマについて書きましょう』って課題に、少しテーマが逸れちゃったけどなんとなく最後適当にそれっぽいこと言ってテーマにまとめたように見せて終わり!みたいな。学生のころよくやってたなぁと思ったよ。

ジュークボックス・ミュージカルなので、既存のももクロ楽曲が使われてくるわけだけど、サラバとか黒い週末めちゃくちゃかっこよかった。歌う人が違うだけでこんなにミュージカル楽曲になるの、すごい。パワーのあるミュージカル女優さん大好きだから、その辺はとても楽しかった。

プラスに言えばこれは『ももクロじゃなければ上演できないミュージカル』だった。でもそれは役と役者がとても似ているとか、そもそも下の名前そのままだし、内輪ネタの多さとか、そういうの。キャストを変えて再演とか、多分ないだろうからそれはそれで興行としてはありなんじゃないかな。このミュージカルのターゲットであるももクロのファンは、あのキャパでライブ感味わえて超楽しいだろうなって、分かるし。

 

いや批評的なことが書きたかったわけじゃないのよ。ほんとほんと。ミュージカルそのものの感想はそんなに悪くはない。ほんとほんと。

 

劇中で、カナコ達4人を含む9人?くらいのアイドルグループが結成される。そのグループでトップアイドルを目指すんだけど、途中でどんどんメンバーが辞めて行ってしまう。色んな理由で辞めて行くメンバーに対して、カナコは「それが正解!」って背中を押す。

そしてメンバーが6人になったとき、「ここからは別次元!」と銘打たれる。

 

悪趣味だと思った。いっそ触れてくれるなと思った。

だってももクロの4人以外のアンサンブルの2人の背格好が、髪型が、あかりんとももかにそっくりだったから。

ここに立つ有安杏果を見たかったと、その幻に泣いてしまった。

私はまだ、ももクロ有安杏果が好きなんだと思い知った。

 

案の定劇中のその2人も辞めてしまって、「やっぱりこの4人だったね」みたいに笑いあうカナコ・シオリ・アヤカ・レニ。それを見たら、私の戻る場所はここにはないんだなと感じた。そして私もカナコのように「それが正解」と思った。私はどうしても、この先も、ももクロの現場に行ったらそこに有安杏果を求めてしまう。その感情は、いつだって前に前に進んでいくももクロの前ではあまりにも、あまりにも不必要で…うまく言えないけど、言葉を選ばずに言えば、不純物、だと思う。

 

 

でもじゃぁ一体どうすればいいんだろうな。このミュージカルを通して気付いてしまったよ。私は『ももクロ有安杏果』が好きだったんだって。でも今存在しているのは『ももクロじゃない有安杏果』か『有安杏果のいないももクロ』なわけで。どうすりゃいいんだ、ほんとに。

今の有安杏果を推しというには違和感しかないし(というか一般人の推しってなんだ?)(それはもはや普通の恋では?)だからといってももクロに推しはいないんだもんな。4人のことも大好きだけど、箱推しというにはほど遠い。難しいな。いやそうでもないか。好きなものが、なくなっただけだ。

 

きっと私は、ファンクラブを更新しないだろうな。

 

 

 

芸能界を引退した芸能人なんて山ほどいて、じゃぁ推しが芸能界を引退したオタクはきっと星の数ほどいるんだろう。私は幸運なことに(?)推しが芸能界を引退したのは今回が初めてで、他に応援している人たちもこの先芸能界を辞めることはまぁないだろう。…いや、杏果だって辞めないと思ってたんだ。絶対なんてないね。反省。みんなどうやって乗り越えたんだろうな。私はまだ抱えてるよ。きっと一生ふさがらない、穴。たとえ杏果が芸能界に戻って来ても、もう『ももクロ有安杏果』は戻っては来ない。だから私は、一生、引きずる。

 

ちなみにこのブログに特にうまい感じのまとめはない。ただ「一生懸命生きればそれが(きっと巡り巡ってまたみんなと踊る)ダンスになる」というのなら、いつの日かはご縁が巡ってまた違った形でももクロと、そして杏果と向き合ったり、同じ方向を向けたりするんじゃないかな。はい、これが適当にそれっぽいこと言ってテーマに繋げるやり方です。なんつって。

 

我ながら「ザ・はてなブログ」っぽいブログが書けたと思います。

 

 

 

余談というか、今回のオチ。

杏果が辞めたあと、やっぱり女の子の推しが欲しくて色んなアイドル現場を見て、「この子推せるかも」と思った子と6月にチェキを取ったのですが、その子は9月にグループを卒業しました。女性アイドルを推す才能が、あまりにもない!!!!

 

もし、歌がエモくてダンスがダイナミックで、可愛いんだけどバラエティ班、やることなすこと全力体育会系の女性アイドルをご存じでしたら教えてください。推そうとすると辞めてしまうので、ほどほどに遠くから応援します。アディオス。

 

*1:宝塚がキンブレ振ると思ってるわけじゃないよ

ツキライに行ってきたよ

※2次元アイドルオタクによる妄想レポです

※8割妄想・2割現実 ご都合主義 広い心で読んでください

 

 

今更ながらサマカニのレポを書こうと思っていたのですが、そういえば昨年末のツキライのレポもまだ書いていないことに気付きました。時間経つのめっちゃ早い。やばい。平成最後の夏が終わってしまう。

細かいレポはもう沢山の方があげてらっしゃるので、昨年末のツキライについては推しの感想のみに留めたいと思います。留まるかは別として…。

 

■TSUKIPRO LIVE 2017 WINTER CARNIVAL

そしてこのライブの話をする前に更に話を昨年の初め頃の話をさせてください。久々のSOARAのワンマンライブのことです。

そう、Wonder Wandが初披露されたあのライブ。

皆さん、わんわん前のMC、覚えてますか?

あのMCでSOARAの皆がとある夢について語ったことを。

SOARAのみんなは「この夢がもう少し現実的になったら、みんなに言うね」と約束をしてくれました。とはいえライブ後のインタビューやその後のラジオなどで、SOARAオタクはなんとなく夢の内容に気付いていたように思います。かくいう私も居酒屋でハイボールを片手に「SOARAがあの箱に立つところを絶対にこの目で見たい」と発言したことをよく覚えています。

 

なのでツキライ冬に参加が決まった時は正直嬉しい気持ちと同時に、早っ!!と思ったのもまぁ無理はないと思うのです。ただ、ツキライ冬に合わせて放送された密着ドキュメンタリーで、武道館が決まったことにSOARAのみんなが涙ぐみながら喜んでいるのを見て、本当によかった、神様ありがとう!と天を仰がずにはいられませんでした。今でも思ってる。何度でも言う。神様ありがとう!マジ感謝!

 

迎えたツキライ冬。武道館に踏み入れたらステージにSOARAの楽器が置かれていたのでトップバッターを確信。席に着いた瞬間にお墓の相場ってどれくらいだっけと思ったのは後にも先にもこのライブだけです。

SOARAが披露したのは、エリアルを始めとする最新の楽曲。SOARAってどんなアイドルなの?という問いかけの答えになりそうな4曲でした。終わった後に周りの他グループ担たちが「めっちゃよかった!」って言ってくれると鼻が高くなってしまうのを堪えられません。お前はSOARAのなんなんだ?と思われそうなキモオタです。

そして最後の全員曲『Dear Dreamer,』では、なんと、SOARAが楽器を置いた〜〜!!!!踊った〜〜〜〜!!!望と廉のハートを作るあのポーズは、今やSOARA担の写メの定番ポーズになりましたね。(私の周りだけかも?笑)

武道館に立つ空くんは、色々な感情がないまぜになって、時折何かを思い出したように険しい表情もほんの一瞬したりして(空くん定点してないと見逃すレベルの一瞬)それでもやっぱり楽しそうで、私の大好きな笑顔で沢山の輝きをくれました。

夢を叶えたんだなって思ったら、自分のことみたいに嬉しくて、空くんの背中についてきてほんっっとに良かったです。

 

 

■TSUKIPRO LIVE 2018 SUMMER CARNIVAL

通称サマカニ。またの名を、『三日月事変』

いや本当にあのソロの話とかもしたいのよあのテンポの曲をよくもまぁあんなに飛び跳ねながら弾けるわねみたいなこととか話したいのよ。運動会した話だってしたいのよ。大玉転がし楽しかったね大玉触れなかったけどって話もしたいのよ。

でも三日月ファンタジーが全部掻っ攫うからダメです。

 

三日月ファンタジー、は、実はあまりSOARAのライブで歌われる曲ではありません。

この曲は、SOARAがデビューしたときの、1番最初のCDシリーズ―――いわゆる『花鳥風月』シリーズの最後を締めくくる曲でした。曲が出た当初の、SOARAのおたくたちの阿鼻叫喚はすごかった。聴いた人から「無理…」って言いながら倒れていくの、思い出すとちょっと笑えてきちゃう。まぁ私も当時めちゃくちゃに暴れながら倒れましたけども。

 

SOARA(とGrowth)は、あのツキノプロのオーディションから出てきた期待の新星ということで、デビューが決まってから沢山の媒体に出ることができた、とても恵まれた新人でした。

だから私たちは知っていました。SOARAがどんなコンセプトの音楽をやるのかを。SOARAが結成されたきっかけを。SOARAの、大原空くんの、過去の話を。―――音楽が大好きな空くんが、過去に一度、音楽を手放したことを。

『三日月ファンタジー』という曲は、今現在の空くんから、君=その過去の空くんに向けた曲だとファンの間では考察されています。 SOARAはライブでオーディションのときに作った曲も披露してくれることも多いです。そのときに、「この曲を作ったのはこういう時だったね」「こんな時に出来た曲なんだよ」みたいな話はよくしてくれているのですが、『三日月ファンタジー』に関してはあまり聞いた記憶がありません。あの『マクガフィン』すら、どうして5人で歌うことになったのか、5人でならあの過去に向き合えたってことを知っているのに。だからこの『三日月ファンタジー』の考察があっているのかどうか、私には判別がつかないけど―――そうであってほしいな、とは思うのです。だってこの曲は、救済の曲だから。半ば棄てるように音楽から離れてしまった空くんが、許されて、前に進めるようになる曲だから。 『三日月ファンタジー』の最後はこう結ばれます。

この物語が君の元へ 届くように 

 こんな美しい祈りを、他に見たことはありません。『マクガフィン』で仲間にそうしてもらったように、「大丈夫」と伝えたい。未来は、大丈夫だと。

 

話をサマカニに戻します。サマカニはツキライ冬と同様4ユニットが出演する事務所合同ライブです。私がもしSOARAをプロデュースしていたら(?)ここで『三日月ファンタジー』を歌わせることはしないと思います。ツキライ冬のように、「これがSOARAです!」と他G担にも分かりやすい選曲をしたことでしょう。実際デビュー前の曲でも『Summer Session』や『S.O.A.R.A.』は盛り上がる鉄板の曲だし、多分そのあたりを選ぶはずです。

それでも空くんは、SOARAは、ここで『三日月ファンタジー』を歌うことを選びました。ワンマンライブでもめったに歌われないのに。

ここからは本当に私の妄想レベルの話なんだけど、「武道館に立つ」という目標を叶えたから、この曲を歌ったのかなって思ったの。今このタイミングで、もう一回、過去の音楽を諦めてしまった自分に、未来は大丈夫だって。今の僕は君の待っていた未来を運べるんだよって。伝えたかったんじゃないかな。そう思ったらもう涙が止まらなくて。こんなぐしょぐしょの顔を推しに向けられないよって思ったんだけど、でもどうしても目をそらすことだけはしたくなかった。ちゃんと見なきゃ、きっとこれは、SOARAにとってすごく大事なステージだから。空くんは、直前に歌った『スタートライン』との「温度差で風邪ひかないでね」って苦笑いしながら言ってた。無理な相談です。

 

■『三日月ファンタジー』の、その先へ

SOARAは現在、いわゆる「Re:STARTシリーズ」をリリースしている最中です。リスタートといいながら新しい事への挑戦をしているあたり、本当にSOARAらしく、いつまでも高みを目指し続ける強さを感じます。そういうとこ、好きだなぁ。『三日月ファンタジー』を超えて、SOARAはどんどんと前へ進んでいきます。

持論ですが、私にとってアイドルは「いつか見た夢の続き」です。SOARAが夢を叶えているのを見て、私もいつの日か諦めた何かの夢を消化―――昇華していく。だからアイドルへの「好き」は「期待」だと思います。SOARAはそんな期待を、絶対に裏切らない。大原空くんの音楽は、これから先、私には想像も出来ないほどの人を救い、たくさんの人の夢を叶えていくのです。すごく楽しみで、ワクワクするね。空くんが、SOARAが絶対に、最高の景色を見られる世界に連れて行ってくれる。だって、未来は、大丈夫なんでしょう? 空くんを好きでいられることが、私の誇りです。

 

 

 

大好きな大原空くん、誕生日おめでとう。

あなたの未来に、いっそう幸あれ!

ファンレターにまつわるあれそれ

意図せずバズった(と言っていいのか)前回記事から早3か月です。

元々ブログはツイッターだと言葉が足りないことをまとめるために始めたのですが

まぁ私はブログでも言葉が足りないことが分かりました。猛省。

 

そして読者登録なんかもね、ありがとうございます。

はてなに不慣れなのでよく分かってないんですけどフォロワーみたいな

そんな感じで捉えていいんですかね??

大して面白いことは書けませんが生暖かく見守って頂ければ幸いです。

 

今後はゆっくりリハビリも兼ねて書いていければと思いますいえーい

 

cz57.hatenablog.com

plus14.hateblo.jp

 

今回はオタクの手紙事情について~。

 

 

 

声優オタクの皆さん、最近プレボに手紙増えた気しませんか?

 

いやまぁ多分気のせいです。

気のせいじゃないなら普通にファンの母数が増えたからですね。

 

 

 

かくいう私もそれはもう追っかけを始めた当初から手紙書いてきました。

ハンズへ行ってはレターセットを買い、

ロフトへ行ってはレターセットを買い、

おしゃれ文具屋へ行ってはレターセットを買い、

夢の国へ行ってはレターセットを買ってきました。

 

 

もうね、『レターセット業界を支えているのはオタク』説、ぜひ検証してほしい。

 

 

たまに100均でめちゃくちゃ可愛いレターセットを見つけると数分悩む。

好きな人への手紙だよ・・?100円でいいのかな・・・?って思いつつも

いやでも可愛いのが正義だよねって思って買う。言わなきゃバレないからね。

量より質ならぬ、紙より内容。

 

 

でもでもこれだけファンレター書いてても、

他の人が何書いてるのかって全然知らない!知りたい!

ってことで上記エントリをはじめ色んな方のを読ませて頂きました。

十人十色って感じで超面白いのでお勧めです。

 

 

人に名前を聞くなら自分から名乗れ、

人にファンレターの書き方を聞くなら自分から晒せ、

ということで以下私の場合です~~

ぶっちゃけこれだけ前振り書いておきながらあれなんですが、

すごい適当に書いてるのが浮き彫りになってしまっただけな気がしますね!

 

 

 

①宛名

大体『フルネーム+様』です。

レターセットがゆる~い柄のときは名前ひらがなで書きます。

名前の周りは気分でシール貼ったりイラスト書いたりすることもなくはない。

 

 

②書き出し

『○○(手紙を出す公演名)ご出演おめでとうございます』が多いかな・・・?

いや分かる 言いたいことは分かる 私も思ってる フラスタの木札かよ

 

 

③内容

作品イベントなら作品やキャラの感想を書くことが多いです。

本人名義のイベントの場合、直近で印象に残った作品・キャラのことか、

直近のイベントの感想とかを書いてますね~あとラジオで言ってたこととか。

本当に当たり障りなく書いてるけど、気を付けてるのは、

ただ『良かったです』『楽しかったです』の羅列にならないように、

褒め言葉の語彙を増やすように頑張ってます。

 

 

④締め

今日のイベント楽しみにしてます~とか、

ライブだったらケガなく千秋楽を迎えられますように~とか、

次は○○のイベントに行きます~とか、割とその時々ですね!今気づいた!

あとは気候があれやそれやだから健康にお気をつけて、みたいな。

これは多分みんな書いてると思いますね。オタクの願いis推しの無病息災

 

 

⑤手紙を出す頻度

この間のツアーでは全会場で出しました。が、決めてるわけではありません。

伝えたいことがうまくアウトプットできそうだなと思ったとき、

そして前日に余裕があるとき(笑)なのでめちゃくちゃ不定期です。

手紙書くのは好きなので、現場2回以上連続で出さないことはほぼないですね。

相手が読んでるかどうかは関係ねえ、書きたいから書く、それだけだよ!!!

 

 

⑥手紙の量

便箋2枚まで。 どーーーーしてものときだけ3枚。

これは割と厳密に決めてるんですけど、特に理由があったわけではないかと…。

短すぎず長すぎず言いたいことを言える長さです。たぶん。

 

 

⑦手紙の種類

さっき言っちゃったけど、そのあたりに売ってるレターセットです。

ついつい可愛いより面白いを選んでしまう性なので、

このあいだまで忍者の絵柄のやつ使ってた。推しとの関連性はゼロです。

担当カラーとかもあんまり意識しない。

今はスパイダーマンが罫線の便箋を使ってます。クスッと出来るのが好き。

もちろんスパイダーマンと自担に関連性はない。面白けりゃいいんだよ!

 

 

⑧書く時間

前日の夜とか、ぼっちのときは当日現場入る前の喫茶店とかで書くので

集中してれば30分くらいで書きます。筆が乗ると字が乱れるのつらくない?

下書きして書くって人が大多数だということは最近知った。何それ教えといて!

 

 

さて、ここまで読んでくれた方へ1つライフハックを紹介しますね。

 

1.便箋にフリクションで下書き

2.上から普通のボールペンで清書

3.ドライヤーをあてる

 

フリクションは摩擦熱でインクを消すので、ドライヤーの熱でも消えるんですよ~!

あなたの推しが手紙を冷蔵保存しない限り大丈夫!

履歴書とかにも応用できるので、いまだに『履歴書は手書きのみ』みたいな

現代に逆らいまくる企業どもに腹を立ててる就活生の皆様にもマジでお勧めです。

 

 

⑨こだわり

こだわりってほどでもないですが、以前共演者の方が夜公演のMCで

「昼公演終わってから、今日頂いたお手紙を少し読んだりして~」と言ってて、

昼夜の間に読める時間あるんだ!と知ってからは、封筒の糊付けをやめました。

しばらくはシールで止めたりしてたんですが、いかんせん弱すぎるのが気になって。

最近はマステ一択ですね。キャライメージのマステ選んだりするとたのしいよ!

バッと開けてバッと読んでもらうためにもね。推しの手を煩わせてはならぬ。

 

 

 

以上です~~~言葉は足りないくせに話がなげえんじゃ~~~~

 

 

前にね、手紙をプレボに入れたとき、その日の連番相手に、

「手紙なんて出しても向こうは読まないよ~w」って言われたことがあったのね。

いやもうほんとお前シュレディンガーの猫に引っかかれろ~~~って感じです。

(※シュレディンガーの猫は元々は「蓋を開けてみなけりゃ分からない」という意味ではないのですが)

 

いやでも蓋を開けてみるまでは分からないでしょ、

プレボに入った私の手紙は、推しが「読んでねえよそんなもん」って言うまでは

読んでる可能性と読んでない可能性は50:50ですから。

そして推しは(というか人気商売の芸能人大体みんな)そんなこと言わないからね。

 

とはいえやはり自己満足な側面が強いかなあ、私は。

上記の通り、感じたことをアウトプットするのが好きなので、

まあ読んでくれてたら嬉しいな、くらいの気持ちです。

 

 

 

さいごに!

推しにいっぱい手紙書いてきた私含むオタクのみんなへ!!

 

万一カノバレとか既婚バレとか、そういう関連で推しが炎上したら

カラオケで一緒に中島みゆきさんの『化粧』を歌おうな!!!!

約束だぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

www.kasi-time.com

推しのツアーが埋まらない話

 

※4/24追記:ひとりのオタクの個人的な愚痴がここまで多くの方の目に触れるとは思わず、ご不快な思いをした方もいらっしゃるかと思います。大変申し訳ございません。この記事は狭い狭い界隈での話であり、またその中のただ1人の感情でしかないことをご留意頂けますと幸いです。

 

 

先日たまたま見かけたブログを読んで、ちょうどタイムリーに感じることがあったので長々と記事を書こうと思う。

 

これ、現場に行くタイプのおたくはまず読んでほしい。

 

clarice20.hatenablog.com

 

さて。

 

先週末から推しのツアーが始まりました。

KiramuneってレーベルのTrignalっていうんですけど。

Trignalについてはこの辺見てってください。

kiramune.jp

 

今回のツアーは全国5か所・7公演。

大阪2公演・札幌・福岡・名古屋・幕張2公演。

全部2,000人以上のキャパでライブやるんだわ。

ツアーの日程はこちら。暇だったら見て。

kiramune.jp

 

いやこれは札幌チケット捌けないわ。

 

Trignalのツイッターとか、あともはや大阪公演で

あれだけダイレクトに「チケット捌けてないから来て!」って言うの、

Kiramuneに所属してる他のメンバーでは、ないとは言わないけどあんま聞かない。

(※4/23追記:自分が直接聞いたのが推し以外1〜2人だったのでこの書き方をしましたが、実際は他にも何人かいるらしく、私の無知で大変失礼致しました。)

札幌、2,300くらい入るホールなんだけど、二階席は使われない説があるよ。

 

もちろんTrignalには推せる理由も魅力も本当にたくさんあってさ、

集客力もすごくあるグループだと思うよ。

ていうか集客力で言えば今の男性声優アーティストとしては

割とトップクラスだと思ってるよ。本当に素敵な推しだよ。

事実、札幌以外のチケットは完売してるし。

 

じゃぁなんで札幌のチケットが余ってるかって理由が

先程引用したブログにそのまま書いてあったんですよ。

 

そもそも物理的に来れない理由があるのでは…(場所や公演期間や開演時間が悪いとかそういうの)

いち観客の目線 - かのコレ

 

それ~~~~~~~~~~~~~~~~(大の字)

 

冷静に考えておかしいんだよ札幌公演。

まず1DAYしかやらないのに日曜日なの。

まぁそれだけなら3歩譲れば許せるじゃん(ちょろおた)

でも日曜日なのに開演18時なの。北海道だよ?

ついでに言うと新千歳空港から1時間くらいかかる会場。

前回ツアーと同じくらいの公演時間なら2時間半だよ??

20時半にライブが終わって、どんなに急いでも新千歳空港つくの21時半だよね。

 

はいここで新千歳空港の飛行機時刻表ドン

 

www.new-chitose-airport.jp

 

見てこれ!確実に間に合うの羽田行きの22:20発23:55着だけ!!

23:55に羽田着いても京急もモノレールも動いてねーんだわ!

なーにが羽田へビュン!じゃ ビュンした結果羽田で身動きとれねえわ

 

(※4/23追記:夜間バスとか手段は他にもありますが、飛行機は遅延が多く、そこからあとがない定刻発車のものに乗り継ぐ予定を組むリスクを考えると私は避けたいです)

 

くそみたいな八つ当たりをしてしまったけど、本当に絶望的だからね。

多分だけど私、全会場へのアクセスしやすさ選手権が開催されたら、

割とトップを争えるくらいの立地に住んでると思うのね。両親マジ感謝。

それでも羽田からどうしようもなくなるって相当やぞ…

せめてあと1~2時間開演が早ければ…って思ったおたくいっぱいいるだろうな…。

そしたらきっとチケットもうちょっと捌けたと思うよ……。

(※4/24追記:もちろん主催・運営・出演者・会場側にも都合があることは承知のうえです。)

 

福岡は19時開演だけど、土曜日だから10歩譲って許した(ちょろおた)

ていうか多分福岡の方は捌けた。

ずっと「札幌と福岡はチケット余ってるから来て!」って言ってて

福岡の方が売れた。つまりそういうことだよ。

日曜・月曜休む北海道より、

土曜・日曜休む福岡の方が、そりゃいいよなぁ。

 

精神的な意味合いで来て欲しいっていうのももちろんあるだろうけど、

興行としてやっている以上利益は出さないといけないじゃん、運営は。

チケットを売る努力って、こういうところからじゃないのかな~~~

 

チケット捌けなくても、グッズいっぱい売れればいいのかな?

今回もトレーディング商品あるしね。売れるよね。

でも缶バッジ10個売るより、チケット1枚でも多く売った方がよくない?

業界的にはそんなことないのかな?その辺はよく分かんない。

 

月曜休み取れば?って思う??ていうか元々そういうつもりなのかな?

あのね、私みたいな現場厨も、平日はただの社会人なんだわ。

月曜から金曜は会社でお仕事なんだわ。残業もするわ。

そうやって稼いで、大好きな現場に行ってんだよ。

締日の関係でどうしても休めない・同僚と休み申請日が被った・

そもそもツアーで有給取る予定が他にもあるから取りかねる……

ていうかおたくって基本普段は真面目な人多い気がするし、

そんな手あたり次第に有給なんて基本取りたくないよな…

取らなくて済むなら取らないし、翌日休めないから行かない、ってなるわ…。 

公演の日は休みなのに行かないって、だいぶ精神に良くなくない??

 

ていうか運営は「みんな土日休みだよね~!?」って思ったから

全部の公演を土日に行ってるんだよね??

平日休みの人より土日休みの人の方が多いと思ったから、

その方が沢山の人が来られると思ったから、土日にやるんだよね??

土日休みの人の月曜がどうなるかわかるか?仕事だよ

簡単に休みを取らせようとすな 月末やぞ

 

民衆は、基本的にお金を出したくないし、時間を割いてまで行きたくないんですよ。

いち観客の目線 - かのコレ

 先のブログにもあったけど、本当にこれだと思うよ。

それでも私は好きだから、時間とお金作ってなんとか参加してるだけで。

最近運営に下に見られてる気がするって気持ち悪さが解けた気がします。

来てくれて当たり前~って思った?

 運営のその「当たり前」は、私みたいな末端社会人の、

血と汗と涙のにじむ、とまでは言わなくとも、

日々をまっとうな社会人として何とか生きていこうとする、

そんな努力の上で成り立っているの、もう少~~~~し配慮してほしいな…

 

 

 

私がこれだけ長々と愚痴を書いているのは全て、

出演者に「チケット捌けてないから来て」って言わせた運営憎さ故です。

幕が開くまで本当にお客さん来てるのかなって不安を抱えている出演者に、

「チケット捌けてない」事実をつきつけたことが本当につらい。

出演者にそんなこと言わせないでほしい。私の大切な推しやぞ(モンペ)

 

Trignalが地方じゃ集客できないって思われたらどうしよう。*1

次のツアーで公演数減ったらどうしよう。

そんなことばっかり考えてしまうんだけど、私の体ひとつしかないから、

席これ以上埋めることが出来ないんだ。ごめんなさい。

 

せめて北海道公演が、楽しい思い出になりますように。

私も終演後の空港ダッシュ頑張ります。

 

あとまぁ念のため誤解のないように書いておくけど、どんな事情があっても

「チケット捌けてないから来て!」って出演者のツイートに

「行けませんが頑張ってください!念飛ばします!」とかリプする人は

いつか北の大地でお前を海鮮丼にしてやるから覚えておけよ。

念じゃ席は埋まらないんだよ!!!

 

私が言いたいのは、「運営ちゃんもう少しおたくのこと考えて」ってことだけで

どんな理由であれ「行けないことを声高に出演者本人に伝えることを良しとする」ことでは決してない。

 

 

 

あとこれを読んでくれた札幌付近在住の男性声優好きな方へ。

いるのかな。いたらもう運命だから。運命なら仕方ないな。

 

当日券出ます。

4/22㈰、ニトリ文化ホールに遊びに来ませんか。

 

なんてね。

 

 

※4/23追記:自分の個人的な愚痴が思いのほか広がってしまい、改めて何点か追記させて頂きました。誤解等招いていましたら大変申し訳ございません。

*1:前回ツアーで北九州が捌けなかったのは普通に集客が出来なかっただけだと思うから仕方ないけど、今回は客側の問題だけじゃないと思ってるから書いてるよ

今日、推しがいない。~有安杏果卒業に寄せて~

2018年1月21日、推しがアイドルを卒業した。

1月15日正午の発表からわずか1週間での卒業。

私はこの1週間を忘れることはないだろう。

それはこの先新しく推せると思える人に出会えても。

 

今更って思われると思うんだけど(私も思ってる)

ようやく言葉にする勇気が持てたので、まとめたいと思う。

 

私がももクロに出会ったのは大学生の頃。

友人に勧められて見た、サンタさんのMVで、落ちた。


【ももクロMV】サンタさん / ももいろクローバーZ(MOMOIRO CLOVER Z/SANTA SAN)

サムネ左下のポンパこそ、私の推し、先日卒業した有安杏果ちゃん。

何が衝撃だったかといえば、その歌唱力。

それまでアイドルというものに縁遠かった私は、こんなに歌の上手い子がいるとは思っていなかった。

とりあえず見て。このMV、女性受けが絶対にいい。それくらい圧倒的に、可愛い。

 

そこからは一気にハマっていった。

現場にも足を運んだ。西武ドームや、武道館の女祭り。

国立はLVで見て、笑顔の天下で大号泣した。かなちゃんさすがだなって思った。

私は普段は男性声優のオタクをしているので、全然違う客層も楽しかった。

コールをしたりMIXを入れたり振付を真似したり、そういう一体感が好きだった。

人生で初めてもらったファンサは、しおりんから。

コスノフだった私と姉を見つけて指をさして手を振ってくれた。

 

そしてその頃の私は、いつも、杏果の担当カラー、緑を着ていたんです。

杏果の歌はどんなときでも私に勇気をくれたし、杏果が小さな身体を目いっぱい動かして踊っていると、自分も頑張ろうって本当に本当に心の底から思えた。

音楽を楽しんで、私たちに届けてくれる杏果が、本当に自慢の推しだった。

 

でも、私は笑顔の天下発言を聞いたあと、しばらく現場から遠ざかってしまった。

というのも、きっと国立での5人を見て満足したつもりだった気持ちとか、

まぁ他にもファン同士のあれこれが少し億劫になっていったりとか、

男性声優の追っかけで地方に行くことが増えたりとか、

社会人になったことで平日の現場に行けなくなったりとか。

気付いたらCDを買うだけのライトなオタクになっていた。

 

だから、卒業が発表されて混乱する私を埋め尽くした一番大きな感情は、後悔だった。

 

もっと現場にいけばよかった。好きだって言えばよかった。

コールを叫びたかった。ファンレターもっと出せばよかった。

もっともっと杏果の歌を聴きに行けばよかった。

 

それから1週間、なんで?って気持ちと、ごめんねって気持ちと、そして何より大きな後悔の気持ちで、心と身体がいっぱいで、気を抜くと泣いてしまいそうで、正直よく毎日会社に行けたよなって思う。

「お疲れ様って言ってほしい」って言った杏果に、その言葉が言えなかった。

ファン失格だと思った。

ネット上には憶測だらけの記事と、杏果を非難する声とがあふれていた。

見ない方がいいって分かってるのに、どうしても見てしまう。

そして勝手に腹を立て、悲しんで、何をやっていたのだろうと今なら思う。

でもそうするしかなかったんだよ。行き場のない気持ちをぶつける先を探していたんだ。

 

激動の1週間はとても長くて、それと同時に驚くほどあっという間で。

ラストライブの幕張は、イベントホールのLVに参加することが出来たけど、

当然その日までに心の整理なんかついていなくて。

周りの杏果推しの格好をした人たちは、どう思ってたんだろうね。

ライブ前のご挨拶で5人が来てくれたとき、言葉にできない思いでいっぱいになって、ただただ泣きながらみんなの事を見てた。

ライブ中も「このコールをするのは、このMIXを入れるのは、今日が最後なんだ」って思ったら、もう私には泣き叫ぶことしか出来なかった。

ライブを見ながら、この1週間何度も繰り返した後悔を、ずっとしていた。

 

杏果、最後まで泣かなかったね。それなのにファンの私がずっと泣いていてごめんなさい。そんな強いところも大好きでした。

杏果が泣いてしまったら、なんで辞めるの!ってなっちゃうもんね。

緑推しだけじゃない、ファンみんなのことを第一に考えて、自分を犠牲にしたんだね。

自分の事を奇跡だって思ったことがないって、この期に及んでそんなこと言っちゃう。

これだけの実力がありながら、いつだって自分に自信を持てない杏果が、あんなに堂々とパフォーマンスしてるのが、好きだったんだよ。差し出がましいけど、支えたいって思ったんだよ。

10周年を5人で迎えたかったって言葉が、貴方の本心に聞こえました。

それでも自分だけが辞めたい気持ちを持ったままではいけないと、

10周年は、残るみんなのためにあるものだと、身を引いてしまったのかなって。

いつだって自分より他人を大切にする杏果が、憧れで、推しでした。

 

最後に歌った4人の「あの空へ向かって」では、もう駄目だった。

私はももクロの現場では、いつも緑を着て、緑のライトを振っていたけど。

今日からどうしたらいいんだろう?私のこの緑色を見せる人はいないんだよ。

ももクロのライブで初めて棒立ちになった。何もできないままただただ泣いてた。

崩れ落ちてしまわないように必死だった。震えが止まらなかった。

もう、私の推しは、いない。

終わったあとの記憶は正直ほとんどない。多分この世の終わりみたいな顔をして帰ったんだろうな。

 

もうすぐあの激動の1週間から、1か月が経つ。

今日も、私の推しはいない。

それを未だに受け止め切れていない自分に苦笑いも出ない。

 

これから先もきっと、杏果以上の推しに出会うことなんてないんだと思う。

それだけ私の中で杏果との出会いは、衝撃的で、唯一だった。

そもそも私の人生において、女性アイドルを推すということがあるなんて。

杏果に出会ってなかったら知らなかった楽しいことが沢山あった。

杏果だけが見せてくれる世界の煌めきが、優しくて切なくて愛おしくて大好きだった。

 

 

何色を着て、何色のペンライトを振ればいいのか、どんな顔をすればいいのか、全然分からないから、今後のライブの先行は申し込めませんでした。

だって行ったら、きっと私だけ、別の方向を向いてしまう。

この景色を、杏果にも見てほしかったって、思ってしまう。

それはももクロの4人にも、そしてモノノフのみなさんにも、失礼なことだと思うから。

完全にももクロから離れてしまうのかどうかは、まだ分からない。

ゆっくり焦らず、決めていけたらいいなって思ってます。

 

 

あの日、私の推しはいなくなりました。

今日も、推しはいません。

明日も、推しはいない。

いつそうなるかなんて誰にも分からないけど、それは突然に、そうなる。

推しが当たり前にいることのありがたさなんて、なかなか気付けないよね。

でもいつかまた同じことになったときに、今度はもう少し後悔しないようにしたい。

 

推しの大好きだった歌を口ずさむと、まだ少し苦しいけれど、

推しに会えるような気がして、そうやってこの悲しみを、心の穴を、

越えていけたらなって思います。

 

みんなも推しごとに後悔のないようにな!!!!!!!!!!!

はじめに

基本的に万人受けはしません

自分用メモだけど、どこかの誰かが

「それな」って思ってくれたらそれだけで充分

 

オタクとして生まれて

声豚になって10年で

最近自分を取り巻くオタク界が

とても変わっている気がする

 

何がどう変わって、自分がどう感じて

結果として、どうしていくのか

そんなブレインストーミング

140文字じゃ足りないときにおもむろに書くよ